板金加工会社の選び方

頼れる!板金加工会社の選び方

板金加工会社の選び方

板金加工は精密な技術が求められるため、加工業者によって対応の幅や得意とする技術の内容が異なります。そのため、ニーズに沿った加工を実現するには、しっかりと目的を意識した業者選びが重要です。せっかく仕事を依頼するのなら頼りになる業者を選びたいものですが、「何を基準に選べばいいの?」という方もおられるのではないでしょうか。

このページでは神奈川・横浜の精密板金加工に対応している武蔵工業が、板金加工業者の選び方をご紹介します。

業者によってここが違う!板金加工業者チェックポイント

板金加工業者チェックポイント

板金加工業者は数多くありますが、その中から信頼できる業者を見つけるのは容易ではありません。しかし、いくつかのチェックポイントを意識することで、よりよい業者を見極められる可能性が高くなります。

次のようなチェックポイントを意識し、納得できる業者を選びましょう。

信頼できる業者か?

こちらが何かを質問した際、担当者がそれに答える姿勢は重要です。その場では回答できない質問にも、確認後にきちんと答えてくれる業者を選びましょう。

また、製造業の常識として、工場内で5Sが徹底されているかも確認しましょう。製品に対する姿勢は工場にも表れるので、表示や床の清掃状況をみて、整理、整頓、清掃、清潔、躾(しつけ)がいきとどいた業者を選ぶと安心です。

見積もりの範囲はどこまでか?

見積もりを依頼する場合、とにかく総額が安いところが魅力的に見えるかもしれませんが、単に加工代金の安さだけで業者を選ぶのはおすすめしません。必要な工程の代金がすべて含まれていなければ、追加料金が必要になる可能性もあるため、見積もりにどこまで含まれているかを確認しましょう。

希望する加工方法が可能か?

ひとつの製品が完成するまでには、いくつもの工程が存在します。切削や塗装などが必要な場合、すべて依頼が可能か確認してみましょう。当社は協力工場との連携によって、多彩な工程に対応可能です。

十分な技術力や知識を持っているか?

加工業者である以上、何より重要となるのは加工技術のよしあしです。高い技術力が求められる溶接技術などにおいて、十分な実績があるかどうかを確かめましょう。可能であればこれまで製作した製品の中から、依頼する加工内容に近い製品をみせてもらってください。そうすれば、ある程度技術水準を測れます。

表面加工や各種材料に対して質問し、しっかりとした知識を持っているかを確かめることも大切です。

工場設備は整っているか?

製品を発注する際は、予定の生産数量が多少の余裕を持ってこなせるだけの、工場設備を保有していることが前提になります。設備によって、納期への対応力もかわってきます。大型の製品や大量生産品の製造には、人力だけでは対応できません。もちろん機械設備は台数だけでなく、性能も重要です。