ブログ

【アルミニウムの溶接】

前回は、ステンレスの溶接についてご紹介をしました。

 

今回は、アルミニウムの溶接についてご紹介します!

アルミニウムは軽量性強度加工性耐食性など優れた特性を持っており、

利用分野が広がっている金属です。

 

しかし、アルミニウムの溶接は難しく、お問い合わせも増えています!

では、なぜ難しいのでしょうか...?

 

それは、アルミニウムは酸化し易く手棒溶接もできないので、

TIG溶接(ガスを吹き付けて酸素から遮断した中で行う特殊な溶接)などを使います。

この溶接の特徴としては、機材も高く熟練の技が必要という点です。

 

また、アルミニウムと銅などの異材質での溶接となると、

融点の違いひとつの大きな課題として挙げられます。

 

【融点の比較例】

ステンレス 1,450℃
1,084℃
アルミニウム 660

 

このようにアルミニウムは融点が低く、他の金属などに比べても溶け出すのが早いことなどが、

アルミニウムの溶接が難しいと言われていると思われます。

 

では、実際に作成した 「アルミニウムボックス」 をご紹介します!

(カメラハウジングに使用します。)

 

 

上から見た図

アルミニウムボックス 上から見た図

 

横から見た図

アルミニウムボックス 横から見た図

 

 

ここが難しい!難所ポイントのご紹介

 

①角と設置する枠部分を溶接しました。

 アルミニウムの場合、見た目はきれいについていても割れやすいので、

 裏面に「裏波」を出さなくてはいけないのです。

 この裏波を出すことが、割れにくくなり、しっかりした製品に仕上げるポイントです。

官庁関係の仕事なので、塗装や溶接の基準が通常より高く品質の良さが問われます。

 例えば、裏波がちゃんとできているか?など、チェックが厳しいです。

 

しかし、そこは技術力でカバーし、難しいと言われている、アルミニウムの溶接も精度を保ったままこの通りです☆

 

武蔵工業では、各種溶接方法を駆使して行っており、自慢の職人も在籍しているので、

特殊なアルミニウムといった、難易度が高いとされる素材の溶接に関しても

高い精度を保ったまま様々な板金加工ができます。

 

製品の目的や納期、価格にも配慮し、最適な方法をご提案いたしますので、

お気軽にご相談ください!

 

次回は、板金加工の納期(事例)に関して、ご紹介したいと思います♪